アロマテラピーはこうして生まれた!アロマの歴史

>> COMMENT

アロマテラピーという言葉を最初に登場させたのは、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセ。
彼が研究中に火傷をしてしまったときに、とっさに近くにあったラベンダーの精油の中に手を浸しました。
その後、傷は驚くほどの早さで跡も残らずに完治しました。このことをきっかけに精油の研究をはじめ、1928年に出版された「芳香療法」という本の中で、アロマテラピーという言葉が使われ、世に広まっていったのです。

その後は主に、イギリス、フランスで支持されてきました。
フランスでは精油は薬局や病院でも、アロマテラピーを行う医師により処方されています。
日本には1980年頃にアロマテラピーに関する本が出版されましたが、なかなかはじめは理解されにくかったようです。

けれども癒しブームや自然回帰の声の高まりで少しずつ広がりをみせてきました。
最近では医療現場でも治療補助として取り入れられるようになりつつあります。

>> DATA
スポンサードリンク
 
癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪

「癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪」では、癒し効果をもたらすと言われているアロマセラピーについて、アロマが初めてのかたにも楽しんでいただけるように作成しました。一人暮らし、家族で、カップルでそしてペットと一緒に気軽に楽しんでみてくださいね。


入浴時、マッサージ、部屋置き、湿布、衣服に。。。アロマテラピーの楽しみかたは様々。


あなたのお気に入りのアロマ、精油を見つけて、今日からリラックスライフを楽しみましょう♪


スポンサードリンク