アロマ精油の保存法と使用期限とは?

>> COMMENT

精油は熱や光の影響を受けやすく、香りや色が変化したりするデリケートな性質を持っています。


  • 直射日光が当たらない、風通しのよい冷暗所に保管。
    (夏は冷蔵庫で保存するといいです。)


  • 必ずビンをたてて保存。


  • 保存期間は、開封したら1年程度が目安です。未開封なら約2年。


  • 柑橘系は半年程度。


  • 揮発性が高く、空気に触れると劣化するので、使ったらふたをきちんと閉めておきます。


  • 褐色やブルーなどの色のついた遮光性のあるガラス瓶に保存。


  • 空気中の酸素と結びついて酸化が起きると劣化するので、使用後はフタを固くしめて密封保存。


  • 湿気も火気も厳禁です。

>> DATA
スポンサードリンク
 
癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪

「癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪」では、癒し効果をもたらすと言われているアロマセラピーについて、アロマが初めてのかたにも楽しんでいただけるように作成しました。一人暮らし、家族で、カップルでそしてペットと一緒に気軽に楽しんでみてくださいね。


入浴時、マッサージ、部屋置き、湿布、衣服に。。。アロマテラピーの楽しみかたは様々。


あなたのお気に入りのアロマ、精油を見つけて、今日からリラックスライフを楽しみましょう♪


スポンサードリンク