精油を使用する上で気をつけたいこと

>> COMMENT

精油は絶対に飲まないで下さい。
お子様の手の届かないところに保存してください。


妊娠中は精油の選択や使用方法に注意してください。
種類によっては悪影響を与える精油があります。


アレルギーテストを必ず行う。
精油は体質に合わない場合、発疹やかぶれを引き起こす場合がある。初めて使う時精油は10倍に薄め、腕の内側でアレルギーテストを行い、体質にあうと判断してから使用。


精油は原液のまま直接肌につけない。
精油は非常に濃密なので、原液のまま使用すると肌に発疹ができたり、ただれ・しみなどの原因になります。精油は必ず希釈してから使用して下さい。


精油は薬ではありません。
精油には心や体を健やかにする働きがたくさんありますが、精油は医薬品ではありません。医師の診断が必要な病気については、すぐに病院で診断を受けましょう。


安全な精油を使用しましょう。
精油はたくさんのメーカーで作られ販売されています。不純物が混入されているもの、化学合成品は避けて純粋で安全な精油を選択し使用してください。


光感作のある精油に注意してください。
柑橘系の精油には光感作作用があります。使用直後に日光に当たると、赤く腫れたり、シミになることがあります。外出前の使用は避けてください。


赤ちゃん、幼児、子供に対しては精油を薄めて使用して下さい。

>> DATA
スポンサードリンク
 
癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪

「癒しのアロマテラピーを今日から楽しもう♪」では、癒し効果をもたらすと言われているアロマセラピーについて、アロマが初めてのかたにも楽しんでいただけるように作成しました。一人暮らし、家族で、カップルでそしてペットと一緒に気軽に楽しんでみてくださいね。


入浴時、マッサージ、部屋置き、湿布、衣服に。。。アロマテラピーの楽しみかたは様々。


あなたのお気に入りのアロマ、精油を見つけて、今日からリラックスライフを楽しみましょう♪


スポンサードリンク